自動車損害保険には任意保険および自賠責保険の2個の種別があるのです。任意保険も自賠責保険ももしもの事故など遭遇したときの補償を想定したものですが、内容はやや違っているといえます。二つの保険を見比べると補償できる条件が区別されているのです。※相手へは、自賠責保険・任意保険の両方で補償されようになっています。※自分に対しては【任意保険】のみで補償されます。※自分の財産においては、『任意保険』によって補償されるよう取り決められています。自賠責保険それだけでは自らへのケガまたは車両を対象としたサポートは受ける権利がありません。そして相手に対する補償などの支援ですが自賠責保険では亡くなってしまったケースでは最高額で三千万円・障害が残った場合上限額四千万円といった具合に決まっています。しかし賠償金が前に述べた値段を上回ってしまうことは起こり得ます。また相手の車・建築物を壊してしまったケースには事故を起こした者の自己負担となると定められているのです。そのような負担を防ぐために任意保険という別の保険が必要となるのです。被害者の救いを重要視する任意保険には、それ以外の機能があるのです。※事故の相手へは死亡時や怪我のほか自動車もしくは建物といった種類の所有物を賠償するのです。※自分へは、一緒に乗っていた者も含め、死亡時あるいはケガを補償してもらえるのです。※自分の財産においては、自動車を補償するのです。そのように多様な面において賠償が万全であるということが任意保険における利点です。払い込みは必須となってしまうのはしょうがないですが、相手方のためにも自分を守るためにもマイカーに乗るなら任意保険というものに申し込んでおくべきでしょう。