付け加えられた特典をねらって、や手元に置くと使う以外にも使いでがあるクレジットカードであるならともかく、持っている利益も存在しないし、費用も払わなければいけないようなクレジットカードをもしあなたが持って捨て置いているとするとそのクレジットカードは契約破棄してしまったほうがベターと思います。その目的とは、クレジットを手元に置くことによって後で示す種類の欠点が生じてしまう危険がないとは言い切れないという事からです。不要なクレジットの支出が生じてしまう可能性が否めない:クレジットという存在は所持しているだけでも年会費という名の金額が生じる種類がある時があります。こういうクレジットカードの時、1年トータルしてもも一回も使用するという事がない例にもかかわらず無駄な出費が支払い対象になってしまう可能性があるため活用しないクレカを家に置き、そのままにするということが生まれるだけで多額の損害になってしまいます。当然ではありますが解約をすれば年会費の発生は無くなるという事に基づき必要のないクレジットカードはさっさと返却してしまうという方法が適切だと言えると思います。また費用が無料カードの中にもクレカを利用しないと支払いが必要になるといったような契約された事柄が設けられている種類もある可能性は否めないので、警戒した方がいい。